BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーンを解説。ギガ放題の速度制限や契約から解約名の流れ評判を徹底解説

BIGLOBE WiMAXはNECグループのインターネットプロバイダとして長く、WiMAXやWiMAX2+を提供しています。この業界での信頼度・実績は申し分ありません。2017年1月にはKDDIのグループ企業となり、より信頼度は上がっていると言っていいでしょう。

しかし、気になるのはUQコミュニケーションズとプロバイダ抜きで契約したときの違いや他社プロバイダーとの差ではないでしょうか。

そこでBIGLOBE WiMAXとWiMAX2+の契約をするメリット・デメリットを紹介します。

失敗しないWiMAXの契約ならBIGLOBE

biglobeおすすめ

BIGLOBE WiMAXで契約するおすすめのプランは

  • 2番めに安くキャッシュバックも確実なBIGLOBEがおすすめ

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • キャッシュバックプランならGMOとくとくBBに次いで2番目の安さ

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

BIGLOBE WiMAXのデメリットとメリット

BIGLOBE WiMAXはNECからWiMAXのインターネット系の部門だけが独立し、2017年にKDDIのグループに入った非常に信頼の高いプロバイダです。

BiGLOBE WiMAXと契約するのには2つのデメリットがあります。

すべてがデメリットになるわけでは無いのですが、

  1. WiMAXルータ端末が無料ではなく実質無料だということ
  2. 料金が最安値にはならないこと

それぞれ見ていきましょう。

WiMAXの端末が無料ではなく値引き対応で実質無料扱い

UQコミュニケーションズを除くほとんどの会社がWiMAXのモバイルルーターを無料で提供しているの対して、BIGLOBE WiMAXは端末代金を値引きで対応しています。

BIGLOBE WiMAXでは毎月800円×24ヶ月の端末代がかかります。しかし、この800円は契約を継続していれば毎月800の値引きが入るために「実質無料」になります。契約を継続していれば何の問題もありません。

問題は中途解約したときです。

24カ月以内にBIGLOBEを退会またはWiMAX 2+を解約された場合は、データ端末代残債分を一括でお支払いいただきます。

と公式ページで書かれている通り、途中解約した場合にはデータ端末代金を支払わないといけません。他のプロバイダだと端末が無料になるために中途解約で解約違約金以外の支払いは必要ありません。

では解約時にいくらかかるのか。他社プロバイダと比較してみましょう。

違約金 端末代金
UQ 1-12ヶ月目:19,000
13-24ヶ月:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
なし(購入時支払い)
BIGLOBE 1-12ヶ月目:19,000
13-24ヶ月:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
19,200 - 契約経過月数×800円
GMO 1-12ヶ月目:19,000
13-24ヶ月:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
なし
So-net 1-12ヶ月目:19,000
13-24ヶ月:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
なし

主要なプロバイダーで解約違約金を比較してみました。

以前はGMOとくとくBBの違約金が高額でしたが2019年現在は他社と横並びです。

一方、この中ではBIGLOBE WiMAXだけは解約違約金以外に端末の料金がかかります。一般的に端末は無料で手に入るプロバイダがほとんどですが、BIGLOBEは中途解約時にには利用月数に応じて端末代金が必要となります。

ただし、これはあくまでも中途解約した場合に必要になる費用です。中途解約をしなけば違約金は必要ありません。それを考えるとそれほど心配するような話ではないかもしれません。

料金が最安値ではない

まずは今月のキャンペーンを比較していきましょう。

キャンペーン料金比較はWiMAXキャンペーンの料金比較を見ていただくと分かると思います。

BIGLOBE WiMAXは一番安いプロバイダではありません。

とにかく最安契約をしたい!ならBIGLOBE WiMAXを選ぶべきではないってことです。ただ、ここまで読んでいただくと分かると思いますが、ここまではそれほど大きなデメリットではないはずです。(このあとキャンペーン料金も解説しますが、こちらもそれほど大きなデメリットにはならないでしょう。)そこで次にBIGLOBE WiMAXを選ぶメリットを解説していきます。

BIGLOBE WiMAXのメリット

次にBIGLOBE WiMAXのメリットを解説していきましょう。

BIGLOBE WiMAXのメリットは3つあります。

  • キャンペーンを利用すれば十分に安い
  • キャッシュバックの受け取りが9ヶ月目と最速!
  • キャッシュバックの受け取りも簡単

この3点です。まずは今月のWiMAXキャンペーンを比較していきましょう。さきほど同様にso-net、UQコミュニケーションズ、gmoとくとくbb と比較していきます。

今月のWiMAXキャンペーン料金比較

月額などをすべて記載するとわかりにくいので、3年契約のトータル料金と実質月額料金(トータル金額を契約期間で割った料金)を一覧にします。

今月のキャンペーンは以下のようになりました。

プロバイダ 特典 トータル料金 実質月額
GMO キャッシュバック 123719 3343
GMO 月額割引 124830 3373
BIGLOBE キャッシュバック 126310 3413
BIGLOBE 月額割引 130320 3522
So-net 月額割引 145656 3936
UQ キャッシュバック 152008 4108
UQ キャッシュバック 157008 4243

さきほども説明したとおり、BIGLOBE WiMAXは一番安いプロバイダではありません。ただBIGLOBEよりも安いのはGMOとくとくBBだけです。ですから実質この2社を比較するのが分かりやすいです。

キャッシュバックの受け取りのタイミングと受け取り方法を比較

BIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXこの2社のキャッシュバック受け取りのタイミングと受け取り方法を比較していきましょう。

BIGLOBE GMOとくとくBB
受取月 9ヶ月目 最短14ヶ月目
受け取り方法 簡単 面倒

キャッシュバックの受取は早ければ早いほうが受け取り忘れを避けることができます。BIGLOBE WiMAXは9ヶ月目にサポートページでキャッシュバック口座情報を入力すれば数日後にキャッシュバックが振り込まれます。

GMOとくとくBBは最短で13ヶ月目に手続きができますが、振込は翌月末です。そのために最短でも5ヶ月も遅くなります。さらにGMOとくとくBBのキャッシュバック受取は非常に面倒です。

GMOとくとくBBは面倒くさい

GMOとくとくBBの評判が悪い理由はまさにこの「面倒」な部分です。GMOとくとくBBは面倒な手続きを全てこなせば安くなります。しかし、手続きを忘れると、高くつきます。また他の会社に比べてキャッシュバックの受け取り方法が面倒なんです。例えばBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンとの違いを比較してみましょう。

とくに評判が悪いのはこの2つのポイントです。

  1. 強制オプションがある
  2. キャッシュバックが複雑

GMOはもれなく強制オプション付き

GMOとくとくBBとの契約は「強制オプション」つきです。

オプションは「安心サポートor安心サポートワイド」と「wifi接続オプション」の2つになります。

「安心サポート」はWiMAXの端末保証サービスです。安心サポートは加入期間中に自然故障した場合の修理代金が無料となります。安心サポートワイドは水濡れも保証対象となります。それぞれ300円/月と500円/月かかります。

「Wifi接続オプション」は公衆無線LANサービスに接続できるサービスです。といっても屋外でもWiMAXをつかうつもりで契約しているのにあえて公衆無線LANオプションって必要ですか?って感じです。

ともにこのオプションが魅力的に感じるならそのまま付けておけばいいのですが、GMOを契約する理由は「料金が安いから」以外にないと思います。これだけのオプションをつけると、月の利用料が最大862円もアップ。UQ本家との契約なみに高額な契約となってしまいます。

この強制オプションは契約時は外せません、契約後に外すのですが、「Wifi接続オプション」に関しては契約後GMOとくとくBBの会員ページにログインできるようになればすぐに解約することができます。厄介なのは「安心サポート」こっちのオプションも会員ページから解約するのですが、商品発送月の翌月にならないと解約できない仕様になっています。

ですからオプション解約に2度の手間をかけないといけません。うっかり忘れると毎月コソッと月額料金に加算されて料金が発生することに。クレジットカード払いですから気付きにくです。

キャッシュバックの受け取りも面倒

例えばBIGLOBE WIMAXのキャッシュバック受け取り方法は簡単でキャッシュバック受取月の2日午後以降に会員ページにログインして口座登録すればOK。これで終了です。

GMOとくとくBBはなぜか会員ページからではキャッシュバック口座登録ができません。GMOとくとくBB契約後に付与されるGMOとくとくBBメールアドレス宛にキャッシュバックの案内メールが届いて、そのメールの本文にキャッシュバック口座登録用の専用URLが貼られています。その専用ページにアクセスして口座登録をします。

ですからまずはGMOのメールを確認しに行きます。このメールアドレスにはGMOから毎日数件の広告メールが届いています。キャッシュバック月になるころには大量のメールがあります。そのなかからいつ届くかわからないメールを探さないといけません。面倒です。

このように面倒な作業があるために余計なお金を支払わされたり、キャッシュバックが受け取らないケースが後を絶たないのがGMOです。

ただ面倒でも手続きを確実に行えば、オプション解約はできますし、キャッシュバックも受け取ることができます。

このような面倒な手続きでも確実に忘れずに行えるならGMOとくとくBBは安いですからおすすめです。もし不安なら2番めに安くキャッシュバック受取が簡単なBIGLOBE WiMAXがいいでしょう。

失敗しないWiMAXの契約ならBIGLOBE

biglobeおすすめ

BIGLOBE WiMAXで契約するおすすめのプランは

  • 2番めに安くキャッシュバックも確実なBIGLOBEがおすすめ

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • キャッシュバックプランならGMOとくとくBBに次いで2番目の安さ

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

BIGLOBE WiMAX2+今月のキャンペーン

まずはBIGLOBE WiMAX2+の今月のキャンペーンをまとめてみました。

今月のキャンペーンは3つ「キャッシュバックキャンペーン」「月額割引キャンペーン」です。

それではキャンペーンの内容を見ていきましょう。

BIGLOBE WiMAXキャッシュバックキャンペーン

今月のキャッシュバックキャンペーンはキャッシュバック額は30,000円です。

月額料金は以下の通り。実質月額の算出方法は、トタール料金からキャッシュバックを引いた合計額を37ヶ月で割っています。ギガ放題とFlatツープラス(月7GB制限あり)の両方とも算出しています。

ギガ放題 Flat ツープラス
初月 0 0
1-2ヶ月 3,695 3,695
3-24ヶ月 4,380 3,695
25-36ヶ月 4,380 3,695
キャッシュバック 30,000 30,000
合計 126,310 103,020
実質月額 3,413 2,784

続いて、月額割引キャンペーンの料金を確認しましょう。

BIGLOBE WiMAX月額料金大幅値引きプラン

月額割引きプランは経過月数によって値引き額が変わります。キャッシュバックの受け取り手続きが面倒な方はこちらのほうが良いかもしれません。

ギガ放題 Flat ツープラス
初月 0 0
1-2ヶ月 3,620 2,975
3-24ヶ月 3,620 2,975
25-36ヶ月 3,620 2,975
合計 130,320 114,840
実質月額 3,522 3,103

ギガ放題とFlatツープラスの違いはなにどっちを選ぶ

料金表をみていただくと分かる通り、Flatツープラスプランのほうがギガ放題プランよりも大幅に安いプランとなっています。

なぜこれほど差があるかというと、Fltaツープラスプランは「月間7GB制限」のあるプランだからです。 月に7GBを超えると月末まで128kbpsの速度で過ごさないといけません。この制限を解除する方法はないんです。

128kbpsの速度だと、twitterやLineなどのSNSすらまともに使えない速度です。

ギガ放題プランは月間の制限はありません。しかし、3日で10GB以上使った場合には制限がかかります。制限がかかったとしてもそれは夜の時間だけで、速度も1Mbpsちょうど位は出るようになっています。SNSやニュースサイトの閲覧くらいならほぼ問題なく使える速度です。

ギガ放題なら1日3GB未満であれば制限はかかりません。実質1ヶ月に90GB程度は利用できます。

ギガ放題プランとFlatツープラスプランの通信容量の差は月間83GBあるにもかかわらず、料金差は実質月額換算でもわずか500円程度です。

コスパを考えると圧倒的に「ギガ放題プラン」を契約することをおすすめします。

キャッシュバックプランと月額割引はどっちがお得か

これは料金比較をみもらうとわかりますが、ギガ放題プランのキャッシュバックプランと月額割引の実質月額では162円の差があります。

プランは全く同じなのにです。それならキャッシュバックプランを選ぶほうが安いです。月額の支払いをどうしても抑えたい場合以外ならキャッシュバックプランを選ぶようにしましょう。

BIGLBE WiMAX キャッシュバックの受け取り方法

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法は説明しましたが、BIGLOBE WiMAXはまだだったので説明します。

GMOとくとくBBは送られてくるメールにキャッシュバック登録ようのリンクが貼られています。BIGLOBE WiMAXもメールは送られてきますが、メールはあくまでもお知らせだけ。

実際の手続きは「マイページ」内で行います。手続きの流れは以下の通り

  1. サービスが開始されたら、BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」を確認

  2. 「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になる。そこで振込希望の金融機関情報を入力
  3. 指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込み

以上です。キャッシュバック対象月を最初に確認したら、携帯のカレンダーなどにリマインダー登録をしておけば間違いないでしょう。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン2回目はどうなる

過去にBIGLOBE WiMAXのキャンペーンを利用したことがあった場合に、2回目は以降の申し込みでもキャンペーン対象になるのか。という疑問があると思いますが、BIGLOBE WiMAXは2回目以降の契約でも新規の申し込みであればキャンペーンの対象になります。

2回目の申込みがキャンペーン適用外になるプロバイダーが多い中でBIGLOBE WiMAXは2回目以降でもキャンペーンに申し込めるのは助かりますね。

BIGLOBE WiMAXの解約方法

WiMAXの継続利用は損になる

WiMAXは現在2年間の継続利用が条件となっています。

2年が経過すると自動的に2年契約が継続されることになります。ですから、2年後にそのまま契約を継続していても特に問題はありません。

しかし、継続利用することには2つのデメリットがあります。

  • 料金が高い
  • 機種が古い

この2つです。

月額料金の支払いは最初の2年間の支払いと変わりません。しかし、最初の2年にはキャッシュバックがありました。いまBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンで契約をすると、20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

この2万円のキャッシュバックがあるからwimaxは魅力的なわけです。継続利用になる次の2年間はキャッシュバックがありませんから、最初の2年と比較して20,000円も損することになります。

次にwimaxのモバイルルーター本体の問題もあります。

現在発売されているモバイルルーターは下り最大440Mbps対応となっています。これは実際に使ってみるとわかるのですが、これまでの下り最大220Mbpsとくらべて実測値でも2倍近い数値がでるようになっています。

古い機種を使い続けることで、新しい端末ならもっと速いネット環境が手に入るのに、従来の遅い回線を利用し続けないといけません。これは機会損失です。

ですから、契約2年満了した更新月には必ず解約して、再度キャンペーンを利用して最新端末を入手。さらに料金もキャンペーン料金で使うのが最も有効なwimaxの活用術となります。

BIGLOBE WiMAXの解約方法

解約はインターネットですべて行えます。手順はbiglobeのマイページから退会手続きを行います。退会手続きを行うことでbiglobeの会員からも退会できます。モバイル契約の解約だけだと、ビッグローブ会員登録が残ることになり、ベーシックコース料金として毎月200円徴収されるので注意しましょう。

退会手続きは毎月25日が締日となります。26日以降だと翌月退会扱いになるので早めに手続を行いましょう。

解約手続きを済ませれば、解約月は月末まで利用できます。途中解約でも料金は日割りにはなりません。ですから月末までガッツリ使いましょう。

利用していたWiMAX2+の端末も中に入っているUIMカード(SIMカードみたいなもの)も返却の必要はありません。インターネットで解約は完結できます。書類送付などもないので非常に楽です。

BIGLOBE WiMAXの再契約はできるのか

同じbiglobe idでの契約はできませんが、一度退会手続きを行ってから再度キャンペーンに申し込みすることでキャッシュバックキャンペーンを利用した再契約をすることができます。

BIGLOBE WiMAXの解約違約金について

BIGLOBE WiMAXだけでなく、wimaxの契約はどのプロバイダと契約をしても中途解約には違約金が設定されています。

BIGLOBE WiMAX違約金について

初回お申し込み時の定期利用期間は、サービス開始日からサービス開始月の翌月を1カ月目として、24カ月目の末日までです。定期利用期間の最終月を更新月とし、更新月中に本サービスの解約のお手続きがない限り、以降24カ月毎に定期利用期間が自動更新されます。定期利用契約の更新月を除き、本サービスの解約時に、契約解除料のお支払いが必要となります。
  • 1年目19,000円
  • 2年目14,000円
  • 3年目以降9,500円

このように中途解約は違約金がかかります。解約は24ヶ月目の更新月のタイミングで手続きを行うようにしましょう。

失敗しないWiMAXの契約ならBIGLOBE

biglobeおすすめ

BIGLOBE WiMAXで契約するおすすめのプランは

  • 2番めに安くキャッシュバックも確実なBIGLOBEがおすすめ

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • キャッシュバックプランならGMOとくとくBBに次いで2番目の安さ

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択