BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーンを解説。ギガ放題の速度制限や契約から解約名の流れ評判を徹底解説

2019年10月からBIGLOBE WiMAXが契約プランを大きく変更しています。

これまでの「BIGLOBE WiMAX 3年ギガ放題プラン」が終了し、これからは「ギガ放題(1年)」プランとなっています。まずは、この新プランの解説(メリット・デメリット)の確認と他社プロバイダーとの比較をしていきます。

新プランを導入しているプロバイダとしていないプロバイダがあるので今月からさらにややこしくなりそうです。

BIGLOBE WiMAXはNECグループのインターネットプロバイダとして長く、WiMAXやWiMAX2+を提供しています。この業界での信頼度・実績は申し分ありません。2017年1月にはKDDIのグループ企業となり、より信頼度は上がっていると言っていいでしょう。

しかし、気になるのはUQコミュニケーションズとプロバイダ抜きで契約したときの違いや他社プロバイダーとの差ではないでしょうか。

そこでBIGLOBE WiMAXとWiMAX2+の契約をするメリット・デメリットを紹介します。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,500円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約

BIGLOBE WiMAXの新プラン ギガ放題(1年)のメリット・デメリットを検証

かなり大きくプランが変わりました。プラン変更となった原因は電気通信事業法の改正です。ソフトバンクやauがそれにあわせて料金プランを変更したりSIMロック解除の取り扱い幅を広げたりといろいろしていますが、まさかのWiMAXも影響をうけることに。

この法改正の大きな変更点は携帯本体の値引きの制限と、解約時の違約金を引き下げるといった内容です。

ですからBIGLOBE WiMAXの新料金プランも同じように変更されました。

ギガ放題(1年)の変更点

1.本体購入代金がかかる

これまでは、モバイルルーター本体代金は無料(本体代金分割引)がありましたが、それが無くなりました。

新プランではモバイルデーター端末代は分割払いとなります。データ端末代:分割払い(800円(税別)×24回 総額 19,200円(税別))、支払期間:25カ月、実質年率:0%

25ヶ月以内での解約時には、端末代金の残金を一括支払いする必要があります。

2.契約解除料金が1000円に

BIGLOBE WiMAX ギガ放題(1年)プランは縛り期間(最低利用期間)が1年です。

1年以内の解約には契約解除料金がかかります。

これまでWiMAXは縛り期間中の解約には高額な契約解除料金がかかっていました。

  • 1年目19,000円
  • 2年目14,000円
  • 3年目以降9,500円

この契約解除料金が安くなりました。サービス開始月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目までの解約には契約解除料金1000円がかかります。それ13ヶ月目以降の解約はいつ解約しても契約解除手数料はかかりません。

ただそのぶん端末代金がかかるようになっています。中途解約するならこれまでの契約よりお得になるかもしれませんが、中途解約しないばあいには、これまでよりも高くなります。

3.料金設定が変更された

これまでのギガ放題プランの料金をまずみてみましょう。これは2019年9月のキャンペーン料金です。

ギガ放題
初月 0
1-2ヶ月 3,695
3-24ヶ月 4,380
25-36ヶ月 4,380
機種代金 0
キャッシュバック 30,000
合計 126,310
実質月額 3,413

これが今までの3年ギガ放題プランでした。そして次に2019年10月からスタートしたばかりのギガ放題(1年)プランを見ていきます。

今までのギガ放題は3年縛りがありましたから3年契約で換算しています。新プランは1年縛りですから1年契約時の料金を算出してみました。

ギガ放題1年
初月 0
1-12ヶ月 3,980
機種代金 19,200
キャッシュバック 10,000
合計 56,960
実質月額 4,381

なんと!実質月額4,381円です。これは高すぎる気がします。

なぜこんなに高くなってしまうのかというと理由は2つあります。

見ればわかりますが、機種代19,200円が加わって、キャッシュバックが20,000円減ったからです。新プランになってユーザーの負担額は大幅に値上がりとなっています。

4.契約期間が短くなった

最新のプランは最低契約期間(縛り期間)が短くなりました。縛り期間は1年です。1年以内の解約でも契約解除料金は1000円。

しかし1年プランになったことで、3年契約なら無料で使えていたオプションが有料になってしまいました。

そのオプションは「LTEオプション」です。

3年ギガ放題は縛り期間が従来の2年から3年に1年増える代わりに、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTEの電波を利用できるモード)が無料で使えました。

1年契約になったため新プランを契約するとau 4G LTEの電波を利用する月は1,008円のオプション料金を支払わないといけません。

キャッシュバックの受取が早くなった

これまでのキャンペーンでは6ヶ月目の手続きでしたが、この新プランでは1ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックをすぐにWiMAXの通信料金の支払いに使えるので、キャッシュバックが早くなったのは良い変更ですね。

BIGLOBE WiMAXの新プランギガ放題(1年)プランのまとめと結論

新プランの特徴をまとめました。

■ ギガ放題1年の良かった点

  • キャッシュバックの受取が早くなった
  • 縛り期間が短くなった

■ ギガ放題1年の悪かった点

  • 端末が買取になったため料金が高くなった
  • キャシュバックが少なくなったために料金が高くなった
  • LTEプション料が有料となるために料金が高くなった

2019年10月に始まった新プラン「ギガ放題(1年)」プランですが、のちほど他社比較を交えてメリット・デメリットを解説しますが、少なくとも今月は契約すべきではありません。

なぜなら「端末が買取になったために、料金が大幅に高くなったからです。」

これまでの実質月額料金は3413円程度でしたが、新プランでは4381円に。毎月の負担が1000円ほどもアップします。1年間あたりの負担額は12000円ほどもアップします。これは高すぎます。今後、この縛り期間の短いプランが改善されることに期待しましょう。今月WiMAXの契約を検討しているなら料金が安い「GMOとくとくBB WiMAX」をオススメします。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,500円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約

BIGLOBE WiMAXのデメリットとメリット

まずはBIGLOBE WiMAXのデメリットを見ていきましょう。新プランがスタートしてデメリットだらかとしか言いようがないのですが。

端末が無料ではなく買取になった

電気通信事業法の改正の影響でUQとBIGLOBEだけはモバイルルーター本体が買取になりました。

他のプロバイダも今後変更されるのかもしれませんが、端末は無料で提供されています。

またキャッシュバック額が大幅に少なくなったために、料金が1ヶ月あたり1000円ほどの値上がりとなりました。

この点を踏まえて他社プロバイダと料金比較をしてみましょう。BIGLOBEは1年縛り、他社は3年縛りなので実質月額(月額料金の合計 − キャシュバックなどの特典を利用月数で割った料金)で比較していきます。

順位 会社 実質月額 公式 割引
1位 GMO 3277 公 式 キャッシュ
バック
2位 GMO 3373 公 式 月額割引
3位 So-net 3936 公 式 月額割引
4位 Nifty 4195 公 式 キャッシュ
バック
5位 BIGLOBE 4381 公 式 キャッシュ
バック

モバイルルーター本体が19200円もするために料金が大幅に値上がりしているのが分かると思います。料金が上がり過ぎていて比較するまでもない状態です。

1年で解約した場合の料金をシュミレーション

BIGLOBEのメリットは1年以内に解約しても違約金が1000円で済みますし、縛り期間は1年です。そこでBIGLOBEを1年使って解約したときと、今月のキャンペーンで最も安かったGMOとくとくBBを1年利用して解約したときの料金を比較してみましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは12ヶ月目に受け取ることができます。13ヶ月で解約してもキャッシュバックは受取完了しています。

  • BILGOBE WiMAX 初月0円 + 月額料金 3980 * 12 + 端末代金19,200 + 違約金 0円 - キャッシュバック10000 = 56960円
  • GMO WiMAX 初月3609 + 1-2ヶ月 3609 * 2 + 3-12ヶ月 4263 * 10 + 端末代金 0円 + 違約金 14000円 - キャッシュバック 34500 = 32957円

ビックリする結果となりました。契約から13ヶ月の利用で解約した場合には解約違約金を支払って解約をしてGMOとくとくBBのほうが安くなります

ルーター本体代金が高額なのと、キャッシュバックが少なくなることで1年縛りでも高額契約となってしまいました。

GMOとくとくBBは面倒くさい

GMOとくとくBBの評判が悪い理由はまさにこの「面倒」な部分です。GMOとくとくBBは面倒な手続きを全てこなせば安くなります。しかし、手続きを忘れると、高くつきます。また他の会社に比べてキャッシュバックの受け取り方法が面倒なんです。例えばBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンとの違いを比較してみましょう。

とくに評判が悪いのはこの2つのポイントです。

  1. 強制オプションがある
  2. キャッシュバックが複雑

GMOはもれなく強制オプション付き

GMOとくとくBBとの契約は「強制オプション」つきです。

オプションは「安心サポートor安心サポートワイド」と「wifi接続オプション」の2つになります。

「安心サポート」はWiMAXの端末保証サービスです。安心サポートは加入期間中に自然故障した場合の修理代金が無料となります。安心サポートワイドは水濡れも保証対象となります。それぞれ300円/月と500円/月かかります。

「Wifi接続オプション」は公衆無線LANサービスに接続できるサービスです。といっても屋外でもWiMAXをつかうつもりで契約しているのにあえて公衆無線LANオプションって必要ですか?って感じです。

ともにこのオプションが魅力的に感じるならそのまま付けておけばいいのですが、GMOを契約する理由は「料金が安いから」以外にないと思います。これだけのオプションをつけると、月の利用料が最大862円もアップ。UQ本家との契約なみに高額な契約となってしまいます。

この強制オプションは契約時は外せません、契約後に外すのですが、「Wifi接続オプション」に関しては契約後GMOとくとくBBの会員ページにログインできるようになればすぐに解約することができます。厄介なのは「安心サポート」こっちのオプションも会員ページから解約するのですが、商品発送月の翌月にならないと解約できない仕様になっています。

ですからオプション解約に2度の手間をかけないといけません。うっかり忘れると毎月コソッと月額料金に加算されて料金が発生することに。クレジットカード払いですから気付きにくです。

キャッシュバックの受け取りも面倒

例えばBIGLOBE WIMAXのキャッシュバック受け取り方法は簡単でキャッシュバック受取月の2日午後以降に会員ページにログインして口座登録すればOK。これで終了です。

GMOとくとくBBはなぜか会員ページからではキャッシュバック口座登録ができません。GMOとくとくBB契約後に付与されるGMOとくとくBBメールアドレス宛にキャッシュバックの案内メールが届いて、そのメールの本文にキャッシュバック口座登録用の専用URLが貼られています。その専用ページにアクセスして口座登録をします。

ですからまずはGMOのメールを確認しに行きます。このメールアドレスにはGMOから毎日数件の広告メールが届いています。キャッシュバック月になるころには大量のメールがあります。そのなかからいつ届くかわからないメールを探さないといけません。面倒です。

このように面倒な作業があるために余計なお金を支払わされたり、キャッシュバックが受け取らないケースが後を絶たないのがGMOです。

ただ面倒でも手続きを確実に行えば、オプション解約はできますし、キャッシュバックも受け取ることができます。

とはいえ、どの作業も会員ページで簡単に行えるので携帯のスケジュールに忘れないように登録しておけばOK。これさえ忘れなければ、安くWiMAXを利用することができます。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,500円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約

BIGLBE WiMAX キャッシュバックの受け取り方法

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法は説明しましたが、BIGLOBE WiMAXはまだだったので説明します。

GMOとくとくBBは送られてくるメールにキャッシュバック登録ようのリンクが貼られています。BIGLOBE WiMAXもメールは送られてきますが、メールはあくまでもお知らせだけ。

実際の手続きは「マイページ」内で行います。手続きの流れは以下の通り

  1. サービスが開始されたら、BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」を確認

  2. 「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になる。そこで振込希望の金融機関情報を入力
  3. 指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込み

以上です。キャッシュバック対象月を最初に確認したら、携帯のカレンダーなどにリマインダー登録をしておけば間違いないでしょう。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン2回目はどうなる

過去にBIGLOBE WiMAXのキャンペーンを利用したことがあった場合に、2回目は以降の申し込みでもキャンペーン対象になるのか。という疑問があると思いますが、BIGLOBE WiMAXは2回目以降の契約でも新規の申し込みであればキャンペーンの対象になります。

2回目の申込みがキャンペーン適用外になるプロバイダーが多い中でBIGLOBE WiMAXは2回目以降でもキャンペーンに申し込めるのは助かりますね。

BIGLOBE WiMAXの解約方法

WiMAXの継続利用は損になる

WiMAXは現在2年間の継続利用が条件となっています。

2年が経過すると自動的に2年契約が継続されることになります。ですから、2年後にそのまま契約を継続していても特に問題はありません。

しかし、継続利用することには2つのデメリットがあります。

  • 料金が高い
  • 機種が古い

この2つです。

月額料金の支払いは最初の2年間の支払いと変わりません。しかし、最初の2年にはキャッシュバックがありました。いまBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンで契約をすると、20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

この2万円のキャッシュバックがあるからwimaxは魅力的なわけです。継続利用になる次の2年間はキャッシュバックがありませんから、最初の2年と比較して20,000円も損することになります。

次にwimaxのモバイルルーター本体の問題もあります。

現在発売されているモバイルルーターは下り最大440Mbps対応となっています。これは実際に使ってみるとわかるのですが、これまでの下り最大220Mbpsとくらべて実測値でも2倍近い数値がでるようになっています。

古い機種を使い続けることで、新しい端末ならもっと速いネット環境が手に入るのに、従来の遅い回線を利用し続けないといけません。これは機会損失です。

ですから、契約2年満了した更新月には必ず解約して、再度キャンペーンを利用して最新端末を入手。さらに料金もキャンペーン料金で使うのが最も有効なwimaxの活用術となります。

BIGLOBE WiMAXの解約方法

解約はインターネットですべて行えます。手順はbiglobeのマイページから退会手続きを行います。退会手続きを行うことでbiglobeの会員からも退会できます。モバイル契約の解約だけだと、ビッグローブ会員登録が残ることになり、ベーシックコース料金として毎月200円徴収されるので注意しましょう。

退会手続きは毎月25日が締日となります。26日以降だと翌月退会扱いになるので早めに手続を行いましょう。

解約手続きを済ませれば、解約月は月末まで利用できます。途中解約でも料金は日割りにはなりません。ですから月末までガッツリ使いましょう。

利用していたWiMAX2+の端末も中に入っているUIMカード(SIMカードみたいなもの)も返却の必要はありません。インターネットで解約は完結できます。書類送付などもないので非常に楽です。

BIGLOBE WiMAXの再契約はできるのか

同じbiglobe idでの契約はできませんが、一度退会手続きを行ってから再度キャンペーンに申し込みすることでキャッシュバックキャンペーンを利用した再契約をすることができます。

BIGLOBE WiMAXの解約違約金について

BIGLOBE WiMAXだけでなく、wimaxの契約はどのプロバイダと契約をしても中途解約には違約金が設定されています。

BIGLOBE WiMAX違約金について

初回お申し込み時の定期利用期間は、サービス開始日からサービス開始月の翌月を1カ月目として、24カ月目の末日までです。定期利用期間の最終月を更新月とし、更新月中に本サービスの解約のお手続きがない限り、以降24カ月毎に定期利用期間が自動更新されます。定期利用契約の更新月を除き、本サービスの解約時に、契約解除料のお支払いが必要となります。
  • 1年目19,000円
  • 2年目14,000円
  • 3年目以降9,500円

このように中途解約は違約金がかかります。解約は24ヶ月目の更新月のタイミングで手続きを行うようにしましょう。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,500円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約