BIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBB WiMAX契約するならどっち?キャンペーンを徹底比較

BiGLOBE WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXはともにWiMAXのプロバイダーでも人気のプロバイダーですが、契約をするとしたらどちらがいいでしょうか。

比較検証してみました。

まずはWiMAXの契約、キャッシュバックの受取方法、解約違約金、解約方法で比較していきます

BIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBBの契約を比較

契約時の手間を比較します。契約時にオプションが付いている契約の場合は契約後にオプションを解約する必要があります。

  • BIGLOBE WiMAX ⇒ オプション無し
  • GMOとくとくBB ⇒ 強制オプション2つ

BIGLOBE WiMAXは強制オプションはありません。契約後すぐは特になにもしません。GMOとくとくBBは「安心サポート - 月300円」と「公衆無線LAN接続 - 月362円」の2つの強制オプションがあります。どちらも最大2ヶ月は無料ですがそれ以降は有料のサービスになります。

解約方法はどちらも簡単です。会員専用サイトの「BB Navi」で手続きできます。面倒なのは「公衆無線LAN接続オプション」はすぐに解約できるのですが、安心サポートは端末到着月の翌月でないと手続きできません。端末到着が月初なら翌月まで1ヶ月近く待ってからでないと解約手続きはできません。

忘れるとオプション料金が請求されます。

GMOとくとくBBは強制オプションの解約が面倒です。BIGLOBEのほうが手間がかからず良いです。

WiMAXの解約違約金を比較

次に解約違約金を比較します。解約するつもりで契約をする人はいないと思いますが、万が一契約期間内での解約は違約金が発生します。

この違約金関係がお互いに高い。そうGMOとくとくBBもBIGLOBE WiMAXも高いんです。まずは違約金を見てみましょう。

BIGLOBE WiMAX GMO WiMAX
1-12ヶ月 19,000 24,800
13-24ヶ月 14,000 24,800
25ヶ月目~ 9,500 9,500

GMOとくとくBBの2年以内解約に対する違約金の高さに驚きます。

2年以内では絶対に解約できません。BIGLOBE WiMAXはUQコミュニケーションズが設定している違約金と変わりません。これが通常の違約金ということです。それならBIGLOBE WiMAXは高くないって?

実はBIGLOBEは違約金以外にお金がかかるんです。これが高い。

BIGLOBE WiMAXは他のプロバイダーと違って端末は無料ではありません。契約期間中は毎月800円端末代金が請求されています。しかし、端末代金分は毎月-800円の値引きがはいるため利用している分には端末の料金はかかりません。

ところが途中解約をすると、残債が一括請求されます。1から24ヶ月目以内の解約には以下の通り端末代金の残債が請求されます。

  • 1ヶ月目解約 - 19200円
  • 2ヶ月目解約 - 18400円
  • 3ヶ月目解約 - 17600円
  • 4ヶ月目解約 - 16800円
  • 5ヶ月目解約 - 16000円
  • 6ヶ月目解約 - 15200円
  • 7ヶ月目解約 - 14400円
  • 8ヶ月目解約 - 13600円
  • 9ヶ月目解約 - 12800円
  • 10ヶ月目解約 - 12000円
  • 11ヶ月目解約 - 11200円
  • 12ヶ月目解約 - 10400円
  • 13ヶ月目解約 - 9600円
  • 14ヶ月目解約 - 8800円
  • 15ヶ月目解約 - 8000円
  • 16ヶ月目解約 - 7200円
  • 17ヶ月目解約 - 6400円
  • 18ヶ月目解約 - 5600円
  • 19ヶ月目解約 - 4800円
  • 20ヶ月目解約 - 4000円
  • 21ヶ月目解約 - 3200円
  • 22ヶ月目解約 - 2400円
  • 23ヶ月目解約 - 1600円
  • 24ヶ月目解約 - 800円

24ヶ月目までは違約金にプラス端末の残債も払わなければなりません。

要するに2社ともに通常よりも高い違約金設定をしているということです。大差はありません。

WiMAXのキャッシュバック受取方法の比較

今年初めくらいまでBIGLOBE WiMAXはWEBアンケートに答えるだけで振替払出証書が郵送されてくるのでキャッシュバックの受け取り忘れの心配がほぼ無い良心的なプロバイダだったのですが、2018年にはいって、なぜか他社と同様に約1年後にキャッシュバックの手続きをさせる面倒なタイプに変更しました。

会社 手続き方法
BIGLOBE WiMAX 開通翌月を1カ月目として12カ月目にキャッシュバック
「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込みが行われます。
GMOとくとくBB WiMAX キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。キャッシュバックのお受け取りに関してはキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールをご確認ください。

もちろんGMOとくとくBBも約1年後にキャッシュバックの受け取り手続きが必要です。

BIGLOBE WiMAXの優位性が一つ失わた形になります。キャッシュバックの受け取りはどちらも面倒です。

WiMAXの解約方法を比較

解約方法に関しては以下のTwitterが話題になっていました。

WEBから解約できると見せかけて、電話での解約しかできません。これは驚きです。

GMOとくとくBBは契約更新月以外は電話かメールでの解約。契約更新月ならマイページから手続きできます。

といっても100%マイページから解約できないので両社同じようなものです。

WiMAXの料金を比較

ではいよいよBIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBBWiMAXの料金比較です。ともに残り少ない2年契約での比較となっています。

会社 月額 プラン 機種
GMO 2,825 キャッシュバック W04
BIGLOBE 2,830 キャッシュバック WX03
GMO 2,885 キャッシュバック W05
BIGLOBE 3,070 月額割引き WX03

正直、料金に関してもほとんど差がありません。GMOとくとくBBもBIGLOBEも安いのは一番安いのはともに型落ち機になります。もし最新のW05を契約したいのならGMOとくとくBBしかありません。

結論

これまではキャッシュバックの受け取りやすさなどもありBIGLOBE WiMAXも人気があったのですが、これまで読んできていただくと分かる通りプロバイダーの対応も大差ありません。

どちらを契約しても大差ないので機種から選ぶのが良いと思います。

  • とにかく安く ⇒ W04をGMOとくとくBBで契約する
  • NECの端末がいい ⇒ WX03をBIGLOBE WiMAXで契約する
  • 最新機種がいい ⇒ W05をGMOとくとくBBで契約する

この選び方がいいでしょう。

BIGLOBE WX03のキャンペーン詳細を確認する

GMOとくとくBB のキャンペーン詳細を確認する