biglobe wimaxの電波が繋がらない?!そんなときのために知っておきたい初期契約解除(クーリングオフみたいなもの)

インターネット回線などはもともとクーリングオフ制度などがなかったために、消費者サイドに不利な契約を結ばせるなどのトラブルが多くありました。

これを解決するために、契約後も8日以内であれば契約を解除することができるように電気通信事業法が改正されました。総務省|電気通信消費者情報コーナー|電気通信事業分野における消費者保護施策

モバイル回線だと、深刻ななのが契約後に「電波が入らない」って事態です。もし、契約後に電波が繋がらず、実用に耐えなかった場合には・・・。

そう。そんな時のために「初期契約解除制度」があります。

簡単に言うと契約後すぐなら違約金なしで解約することが出来る方法です。

biglobe wimaxの初期契約解除制度に関して

初期契約解除制度を利用するための手順

まず、この制度は個人の契約が対象となります。法人は対象外です。

手順も難しいことはなく、こちらから初期契約解除制度を利用して契約を解除する旨のハガキを郵送。WiMAXのルーターも返送。これで契約解除が完了します。

詳細を確認してきましょう。BIGLOBE WiMAXの会員規約から抜粋していきます。

初期契約解除ができる日数。

契約後に送付される契約書面をお客さまが受領した日、または UIM カードが到着した日のいずれか遅い日を初日として 8 日を経過する まで、ハガキなどの書面で契約の解除が可能です。この効力はハガキ などの書面を発した時に生じます。

契約時の書類か、WiMAXのルーター(UIMカードは端末と同梱されている)が到着した日の遅い日が1日目となり、そこから8日以内にハガキを送付してください。

ちょっと前までは、契約時に必ず書面が送付されてきましたが、現在は電子交付のみも選べるようになっています。

契約書類の送付方法

この電子交付を選んだ場合には書類は送付されません。BIGLOBEメールアドレスにメールが届いた日付かUIMカードが到着した日のいずれか遅い方になります。

その後、データ端末を返送しなければなりません。

端末の返送はさらに猶予期間が設けられており、初期契約解除がk脳な期間の満了日を初日として14日を経過するまでに返却します。返却されない場合は端末費用が全額請求されるので注意してください。

契約解除を依頼するハガキに書くこと

ハガキに記入する内容です。

  1. ユーザーID
  2. 氏名
  3. 住所
  4. 契約サービス情報
  5. 昼間の連絡先電話番号
  6. 初期契約解除の旨の申し出文

となっています。実際の書き込む内容をみていきましょう。

  1. ユーザーID

    契約時にBIGLOBEから発行されるユーザーIDです。メールや契約書類を確認して記入します。

  2. 氏名

    契約者の氏名

  3. 住所

    契約者の住所

  4. 契約サービス情報

    BIGLOBE WiMAX2+

  5. 昼間の連絡先

    昼間に連絡がとれる電話番号

  6. 申し出文

    契約の初期契約解除をお願いします。

こんな感じで問題ありません。

ここからハガキの送付になりますが、通常クーリングオフだと内容証明で送付しますが、BIGLOBE WiMAXの重要事項説明書内に「ハガキなどの書面で」と記載がある以上は、そこまで厳密なものは求められていません。(そもそもクーリングオフは悪徳業者対策だったりしますし)

ただ、こちらから送りっぱなしでハガキがどこに行ったのかもわからない状況では不安でしょうから、「特定記録郵便」を利用することをおすすめします。

引受けを記録するので、郵便物等を差し出した記録を残したいときにおすすめです。 (引受けの記録として、受領証をお渡しいたします。) インターネット上で配達状況を確認できます。 (配達完了メール通知サービスがご利用いただけます。) 受取人さまの郵便受箱に配達します(配達の記録(受領印の押印または署名)は行いません。)。 Webゆうパックプリントサービスで特定記録郵便物等のあて名ラベル、受領証をご自宅で簡単に作成できます。

特定記録郵便の費用は160円(ハガキ代とは別)かかりますが、ちゃんと届いたかどうかの確認ができたほうがいいですから。これくらいは支払っておきましょう。

初期契約解除が完了すると、BIGLOBEから「初期契約解除手続き完了」のお知らせが届きます。これで初期契約解除完了となります。まだ端末を返送していなかったら期限以内に返送してください。

ハガキの送付先と端末の送付先が違うので注意

ここがちょっとややこしいのですが、初期契約解除のハガキと端末の返送先がそれぞれ違います。

ハガキ送付先

〒980-8790 仙台中央郵便局 郵便私書箱第 30 号 ビッグローブ株式会社 BIGLOBE 登録センター 宛て

端末送付先

:〒277-0834 千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前 13-1 ロジポート北柏 501 ビッグローブ株式会社 「WiMAX 2+」返却センター 宛て

費用が0になるわけではない

初期契約解除制度はあくまでも違約金不要で解約できる手段です。すべてが無料になるわけではありません。また返送料などは全て契約者負担です。必要な費用をまとめました。

  1. 契約事務手数料: 3,000円(税別)
  2. ハガキ代: 62円
  3. 特定記録郵便: 160円
  4. 端末郵送料: 1000 - 1500円程度?

端末の送料は地域や送付方法によっても異なりますのであくまでも目安です。ザックリこれくらいの料金は負担しないといけません。

といっても、高額な違約金を支払うよりは安いですから、もし契約後に利用できる環境でなければ積極的にこの制度を利用していきましょう。高額な違約金を支払わないで済むのは契約時のハードルもかなり下がると思います。

今月のおすすめプランはこちら BIGLOBE WiMAXのおすすめキャンペーン