w06レビュー!5ヶ月使って分かったメリット・デメリットを大公開!

2019年の1月に発売された最新機種の「WiMAX Speed Wifi W06」を発売開始そうそうに入手してここまで5ヶ月間使ってきたから分かるレビューをしていきます。

WiMAXでもギガビット超えの高速ルーターが発売されたあってこの機種を契約するかどうかを悩んでいる方も多いでしょう。これから契約するならこのWiMAX Speed wifi W06を選ぶのが間違いないと言えます。

そもそも前作W05からこのシリーズは人気があった機種がさらに性能アップですからこれは最高なのでは?

これからWiMAX契約したいけど、どの機種を選んだら良いのかわからない。そんなあなたに実際にW06を使っているからわかるメリット・デメリットをお伝えします。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,800円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約

W06のレビュー・・・結果は?→メリットだらけで大満足でした!!

とにかく速度を上げるためにいろいろな機能が追加されたようですが、それが全部ひっくるめて良い方向に出ている感じがします。電波もよく届いているし、速度も安定的に速い気がします。

いろいろな機能が追加されたようなので、そこを確認していきましょう。

速度が上がったのはギガビットよりもアンテナ性能の向上のおかげな気がする

まず体感でいままでのW05よりも速く感じます。速度は体感ではわかりませんが「遅くなる場所が少ない」感じがします。これは恐らく、アンテナ性能の向上によるものが大き気がします。

実はW06はW05からアンテナが変更されたようです。

高性能ハイモードアンテナ搭載でアンテナ感度が向上し、いままで繋がりにくかった場所でも、電波をしっかりキャッチ! Wi-Fi TXビームフォーミング搭載で、通信の安定性が向上し、中・弱電界のWi-Fi電波の受信速度が約20%アップ!

WiMAXは携帯と同じで電波感度が悪くなると回線速度が遅くなるんですけど、W05よりも明らかに利用エリアが広がっています。体感で分かるくらいなので、かなり違いますね。「昔は窓際に本体を置いて」なんてやっていましたが、最近は室内でもあまり気にせずに使えるようになってきました。

それとWifiが切れにくい。TXビームフォーミングのおかげなんでしょうけど、これがwifiをしっかり掴んでくれています。

部屋にW06を置きっぱなしにしていても、離れた部屋まで電波が届くので本当に光回線のように使えます。自宅利用でもかなり便利ですね。

電池容量も十分に使える

W05から電池の容量がアップしました。2750mAHから3000mAhにアップ!これは電池持ちもよくなるのか?と期待していたのですが、連続通信時間は540分で変わりません。

ただ普通に利用していれば、外出していても1日はしっかり持ってくれます。帰宅して充電するなり、不安ならモバイルバッテリーで充電してもいいと思います。充電し忘れていなければ外で使っていても問題なく利用できます。

それとW06は「パファーマンス設定」で通信時間目安表示がみれます。バッテリー省電力モードで3種類のモードを選べるのですが、モードごとにあと何分利用できるか目安が表示されるようになっています。これ案外わかりやすくて助かります。

もし残り時間が短いようなら充電するか、電池が長持ちするモードに切り替えればいいだけですからね。ちなみに、電池をセーブして使うならau4GLTEを使うはいパフォーマンスモードよりもWiMAX2+の回線だけをつかうハイスピードモードのほうが1.4倍くらいバッテリー持つものでできるだけハイパフォーマンスモードを利用するといいですよ!

無くなった機能もあるけど特に困らない

Bluetooth接続機能とNFC機能がなくなりました。といってもこの2つの機能って使う人いるんでしょうか。

Bluetooth接続はWifi接続の代わりです。速度がでない、通信範囲が狭くなるけど、電池が減りにくいのですが、通常wifi接続していたほうが、電波のツカミはいいし、速度がでるのでBluetoothでは繋ぎませんからとくに困りません。

NFC機能にいたっては、そもそもこの機能で通信ができるようになるわけではなく、NFC機能で「Huawei Hi-Link」アプリがインストールされるだけでした。いやいやアプリ入れたいなら、iPhone系ならAppStoreで、アンドロイド系ならGooglePlayStoreで普通にダウンロードできるのでそちらで入れればいいだけです。

アプリを使ってもW06の操作ができるのですが、W06にはタッチ液晶がついているので、そもそもアプリなくても困りません。

ということで、無くなった2つの機能は「そもそもあまり利用されない」から廃止したようです。不要な機能なら入っていないほうがいいですしね。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,800円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約

W06のデメリットというか不満点

かなり満足度の高いW06ですが不満点もあります。

そう。ちょっと気づいているかもしれませんが「ギガビット超えの高速通信」の話がでてきていなんですよ。目玉機能じゃないのかって話なんですけど。

W06は光回線並みのギガビット超えは無理なのではUSBで有線接続なんてしません

ギガビット超えの下り最大1.2Gbpsって聞こえがいいですが、こんなに速度がでません。そもそもこの速度はあくまでも理論値。通常利用ではこんなに出ないですし、さらに1.2Gbpsだすための条件が厳しい。以下条件

  • 東京・埼玉・愛知・大阪の一部だけ
  • USBケーブルで接続して使う
  • ハイスピードプラスエリアモードのみ
  • 4☓4MIMOをON

いやいや居住地域ですでに出ないですって話です。それにUSB接続ってMacやらWindowsのノートパソコン使う人限定?なのにハイスピードプラスエリアモード(月7GBまでしか使えない)だけ?

いやそれじゃ出ませんよ。

試しにMacBook AirをUSB接続で使ってみたんですが、そもそも居住地域が違うのでそんなに出ません。Googleスピードテストで計測したんですけど、「下りは50Mbps前後、上りは13Mbps前後」って感じでした。参考にならずにスミマセン。

これくらいの速度ならWiMAX2+でも普通にでるんですよ。WiMAX2+でつないでも下りは同じくらい、上りはなぜか5Mbpsくらいしかでませんが。

そもそもWiMAX2+の速度で動画も十分に視聴可能なので速度で困ることはないでしょう。

W06はクレードルがない

USBで有線接続ができるのはMacかWindowsだけです。ゲーム機などは接続できません。となるとゲーム機との接続は無線(Wifi)接続するしかないです。

気をつけてほしいのはusbとLANの接続ポートを変換するケーブルで繋げばいいのでは?と思って購入してしまう人がいるようですが、そもそもW06側にLAN接続できるドライバがインストールされていないのでできません。これ本当に気をつけてください。

PS4とか任天堂スイッチをLAN接続でプレーしたいならW06は契約しないでください。

どうしても有線LANで接続したい人はWX05とクレードルのセットを購入するようにしてください。WX05はクレードルがあるので確実にLAN接続できますから。

この通り、特に大きな不満点もないんですよね。速度も十分に速いし、バッテリーも必要十分。ただ1.2Gbpsは流石に出ないと思うので、そこだけは注意してください!

充電器が入っていない

充電器(充電アダプター)が入ってないのもどうなのかと。携帯は持っているだろうから併用してね!ってラフな感じなんでしょうけど、やっぱり充電アダプタは同梱してほしいものです。といってもこれはWX05も同じでどちらもUSBケーブルしかついてこないので経費削減のためなんでしょうか。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,800円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約

W06とWX05はどっちを契約すべきか!完全決着

先に結論を言っておきますが「W06」契約しましょう。LAN接続したい場合を除いてWX05を契約する理由がないからです。

まずはスペックを見ていきましょう。

画像 w06の画像 wx05の画像
機種名 W06 WX05
製造元 HUAWEI NECプラットフォームズ
ネットワーク WiMAX2+, au 4G LTE WiMAX2+, au 4G LTE
速度 下り最大558Mbps 下り最大440mbps
lte速度 下り最大1.2Gbps 下り最大440mbps
重さ 125g 128g
外寸 h128×W64×D11.9mm h111×W62×D13.3mm
カード規格 Nano IC Nano IC
使用時間 9 11.5
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz) IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz)

注目するポイントは3つ「速度」と「lte速度」「使用時間」この3項目です。

WiMAX2+とau4Glte利用時の速度

まずは両機種の速度を見ていきます。

WiMAX2+速度 LTE速度
W06 下り最大558Mbps 下り最大1.2Gbps
WX05 下り最大440mbps 下り最大440mbps

どちらの速度も明らかにW06が速いです。これは実測でも明らかにW06のほうが速くなるために速度ではW06が圧勝です。

バッテリーの持ち時間

ノーマルモードで利用したときにW06は9時間。WX05は11.5時間です。バッテリーが長時間持つのはWX05です。ただ、バッテリーはいまならモバイルバッテリーも売っていますし、W06を使っていても困ることがありません。バッテリーはそれほど気にすることもないと思います。

本体の熱

これはですね。本当に前から言いたいんですけど「WX05は熱くなりすぎ」なんです。バッテリーが物凄い熱を持ちます。熱くて正直持ち運びたくないくらい。これWXシリーズの宿命ですね。

W06もほんのり熱を持ちますが許せる範囲です。本当に持ち運びまで考えるならW06ですよ。

W06がおすすめ

やっぱりファーウェイは人気のスマホを製造しているだけあって、技術力が高いです。同じ回線でもW06は速度が速く、同じようにバッテリー駆動でもファーウェイは熱を持ちにくい設計になっています。

使い勝手を考えてもおすすめはW06ですね。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,800円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約

W06のプロバイダーはどこを選ぶ

主要なプロバイダーの料金をまとめました。

順位 会社 実質月額 公式 割引
1位 GMO 3269 公 式 キャッシュ
バック
2位 GMO 3373 公 式 月額割引
3位 So-net 3936 公 式 月額割引
4位 Nifty 4195 公 式 キャッシュ
バック
5位 BIGLOBE 4381 公 式 キャッシュ
バック

料金が圧倒的に安いのはGMOとくとくBBのキャッシュバックプランです。

WiMAXはどこのプロバイダと契約してもすべてのプロバイダがUQコミュニケーションズの設備を利用しているために「速度」「エリア」「制限」はまったく変わりません。

ですからWiMAXは料金プランで比較するのがベストです。今月は安いキャンペーンを実施しているのがGMOとくとくBB WiMAXなのでGMOとくとくBBでW06を契約することをおすすめします。

失敗しないWiMAXの契約ならGMOとくとくBB

biglobeおすすめ

BIGLOBEはキャンペーンの改悪でまったくオススメできません。そこで今月は!

  • 比較して最も安く契約できるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

    月額割よりもキャッシュバックが安い!!

  • 34,800円の高額キャッシュバックでお得に契約!

  • 特典はキャッシュバック

    キャッシュバックを選んだほうがトータル料金を安く抑えられるのでキャッシュバックを選択

今すぐ申し込む

高額キャッシュバックでWiMAXを安く契約