biglobe wimax2+の制限について解説します

更新

2017年2月2日より新しい3日制限となりました!これまでの3日3GBが3倍以上の3日10GBに。

これならそうそう制限にかかることもないでしょう。

まずは変更になった「3日制限」で従来の制限と新しい制限に関して違いを比較してみましょう。

biglobe wimaxの通信制限について

3日3GB制限

項目 変更前 変更後
速度制限がかかる通信量 前日までの3日で3GB以上 前日までの3日で10GB以上
制限がかかる時間帯 13時頃から24時間 18時ころから翌日2時頃まで
制限時の最大速度 4〜5mbps 1mbps程度

今までの3日3GB制限はWiMAX2+とau 4G LTEの通信が前日までの3日間の合計通信量が3GBを超えた場合に、当日の昼から翌日の昼ごろまで速度制限が課せられていましたが、 今後は前日までの3日間の合計通信量が10GBを超えた場合に、当日のよる18時頃から翌日の2時までの8時間程度が速度制限の対象に変更となりました。

もう一つの変更点は3日間の通信量が3GBから 10GBに約330%の大増量となったこと。動画などを見続けたりしない限りはそうそう引っかからない量ではないでしょうか。

さらに制限時間も大幅に短縮になりました。これまでは24時間の制限がかかっていましたが、今後は、夜の18時から翌2時までの8時間です。

ちょっと気になるのが制限時の最大速度。これまでは制限時でも4〜5Mbpsでていました。正直5Mbpsでていれば、ほとんど速度が気になることはありません。youtubeのHD動画も止まらずに観られましたし、webサイトの閲覧なども支障はありませんでした。

しかし、今後は制限中の速度が1Mbpsに変更になったので、youtubeの標準画質程度は観られるようですが、これまでよりも速度が気になるかもしれません。

10GBでどの程度利用できるのかを以下の表を参考にしてください。

10GBの目安

lteの制限

lteの制限はハイスピードプラスエリアモードを月合計7GB以上利用した場合に課せられる制限で、当月末までハイスピードプラスエリアモード、ハイスピードモードのどちらも128Kbpsに制限されます。

そもそもハイスピードプラスエリアモードを利用できないWX03などは制限の対象になりません。

LTEを利用する人は通信量には十分に気をつけるようにしましょう。

月間制限

月間制限ですが、これはbiglobe wimaxの料金プランによって制限の有無が変わります。biglobe wimaxは「Flat ツープラスギガ放題プラン」と「Flatツープラスプラン」の2種類のプランがあります。

Flatツープラスギガ放題プランには 月間制限はありません。(前述した3日10GB制限はあります。)

一方、Flatツープラスプランには月間制限があります。これは当月のWiMAX2+、au 4G LTEの合計通信量が7GBを超えた場合に、当月末まで通信速度を送受信最大128kbpsに制限するものです。

128kbpsはメールの送受信やSNSなどを利用するのでもストレスを感じるほど遅い速度です。通信速度の制限は翌月1日に順次解除されますが、それまでは低速のままです。

どのプランで契約するのがいいのか

biglobe wimaxの制限はこの通りです。ですから制限からプランを選ぶのであれば。

  • 月の制限が無いプランがいい → Flatツープラスギガ放題
  • 月7GBも利用しないから安くしたい → Flatツープラス

あとからでもプランは変更できます。まずはギガ放題を契約してご自身が1ヶ月にどの程度利用しているのかを確認してみるのがいいと思います。最初から7GB制限を受けると月末までストレスですから。初月期間中はギガ放題を試して、7GBも使わないことが確実にわかった時点でFlatツープラスに変更するのがベストでしょう。

このページの先頭へ