WiMAX WX04のレビュー!地雷機を掴んでしまった

更新

WXシリーズ初の「au 4G LTE」対応機種のWX04を契約したのでレビューしたいと思います。

しかし、これだけのハズレ機種にあたるとは思っても見なかったです。本当にがっかりしました。

wimax wx04 レビュー

開封とかはどうでもいいと思うので、WX04がどんなものかって部分にフォーカスしていきたいと思います。

WX04は契約してはいけません。あまりにも不具合が多すぎます。詳しくはつづきを。

WX04の不具合って一体なに?

契約してウキウキで利用をはじめました。特に発売されてすぐの時期は「ネガティブキャンペーン」が割と多くてwx04はダメ!って感じのステマが多くでていました。

私はずっとNECの機種を利用していたのであまり雑音も気にせずにWX04を契約しました。再起動ループをしてまともに起動できないなんて話が多くでていたようですが、使い始めて電源をいれても普通に電源が入りますし、まったく不具合の感じはしませんでした。というより気づかなかったと言ったほうがいいかもしれません。

パケ詰まりが始まる

普通に使えているかと思っていたのですが、突然、通信ができなくなることがありました。モバイルルーターですから、持ち運び時はカバンにしまっているので、電波状況の確認なんてあまりしないのですが、この突然通信が遅くなる、切れるってことが頻繁に出現するので圏外なのかどうかを確認すると、電波はいっているんです。バリバリ3本アンテナ立ってます。

通信できるときはできるんですけど、急に速度が低下してまともにネット接続できなくなります。完全にパケ詰まりです。この症状が頻繁に起こっていたんです。

急に回線がまともに通信できなくなるのは本当にストレスでした。しかしこれで終わりじゃありません。

突然の再起動

ふと気がつくと携帯とのwifi接続が切れていることがありました。これは恐らく設定の問題だろうと思ったんですね。

そこでWX04本体の設定を変えることにしました。切り忘れ防止タイマーをOFFにして常時接続状態にしておきました。この際、バッテリーの消耗は目をつぶろうと思ったんです。それでもwifi接続が切れているんです。何事かと。

ある日机の上に出しておいたWX04がとうとうその本性を見せました。特に注目して見ていたわけではなかったんですが、WX04のモニター部分にNECのマークが表示されたんです。こっちで操作しなければ何も映ってないはずのモニターにです。出ました。再起動です。

これを繰り返しているからwifiが切れていたんです。もうね、ガッカリしました。パケ詰まり、再起動の繰り返しにウンザリです。初期不良で修理に出した人も多いようですが「不具合はなし」って結論で返ってくるようです。アホらしいので私はもう放置しましたよ。

今はW05を利用しています。本当に快適に使えています。というか、普通に使えています。wifiも切れないし、再起動も起きません。

ちなみに、WX04は2回ほどファームアップデートがリリースされています。まさか普通に使えるようになるのでは・・・と希望をもってアップデートしていますが、同じ症状が繰り返されています。

今回はwx04は完全に外れです。次のwx05に期待しましょう。そしてこれから、wimaxの新規契約やプロバイダ乗り換えをするあなたは、決してWX04を契約しないことをオススメします。W05を選んで下さい。

一応レビューとして書いた以下の記事はそのままにしておきます。NEC機でau 4G LTEが使えるようになる1号機で期待していたんですけどね。やっぱり1号機は不具合が多いんでしょうね。次の機種に期待しましょう。

WX04ではなくW05を契約しましょう

WX04はダメ・・・W05にしましょう

同じような被害者が続出している模様です。モバイルルーターに期待することなんて「普通に通信できること」だけなのにそれすら出来ないWX04は本当にツライです。

とにかく、これからwimaxの機種を契約するならW05にしましょう。NEC製品を購入したい方はwx05(?)が発売されるのを待つことにしてください。今契約をするならW05一択です。

▷▷ W05キャンペーンはこちら

一応ウキウキで買ったばかりの頃に書いた記事はそのままにしておきますね...

WX04が旧機種(WX03)から変更された2つのポイント

au 4G LTEが利用可能になった

これを期待している人は多かったと思うのですが、WiMAX2+がスタートしてからいままで、NECリリースのWXシリーズにはau 4G LTEの回線を利用する「ハイスピードプラスエリアモード」が利用できる機能はありませんでした。

それが、このWX04ではとうとうハイスピードプラスエリアモードが利用できるようになったわけです。

しかも、これまではハイスピードプラスエリアモードを利用するには、利用月にオプション料金として1005円の利用料を払わないといけなかったのですが、契約期間が3年になるのと引き換えに、オプション料金は無料になりました。

これまで電波の届きにくかった、地下や、建物内などに入ったときには一時的に「ハイスピードプラスエリアモード」を利用することで圏外を回避できるようになりました。

ハイスピードプラスエリアモードなんて使わねーよってスタンスだったんですけど、ほんとこれがあるのとないのとでは全然違います。「うわ!ここ圏外かよ!」からは完全にオサラバですね。

UIM(SIM)カードのサイズ変更

これはWX04だけではなく、同時期発売のW05なども含まれるのですが、旧機種のWX03、W04ではUIMカードのサイズが変更になっています。これまでの機種のUIMカードを流用することができなくなっているのでご注意ください。WX03までのSIMカードはMicro simといって15mm✕12mmでした。現在のWX04やW05はNano simになりサイズが12.3mm ✕ 8.8mmと一回り小さい規格になっています。

ルーターだけ別途購入してSIMを使いまわそうと思ってもサイズ違いで入りません。といってもWiMAXはキャンペーンを乗り継ぐほうがお得なので、よほどのことがないかぎりは白ロム購入は避けましょうね。

それとバッテリーも少し容量が増えているタイプに変わっているので、こちらもWX03からの流用はできません。予備バッテリーが必要な場合は。

WX04はどれくらいの速度がでるものなのか

使う地域によって差が出ると思うので、あくまでも個人の環境ですが。ちょいちょい速度を計測しています。

日中だと25mbpsから30Mbpsくらいでしょうか。利用する場所にもよるんですが、電波状態が悪くない限りはこの程度の速度が普通にでています。

ハイスピードプラスエリアモードにすると電波強度も速度もさらに速いです。速度を計測したのが以下の通り。

wimax実測値計測

左側がハイスピードプラスエリアモード(HS+A)で右側が通常のハイスピードモード(HS)です。ハイスピードプラスエリアモードでも必ずau 4G LTEの電波をつかむわけではないのですが、計測時はau回線だったみたいでアップロード速度がやや速いです。

右側がWiMAX2+回線です。ダウンロード速度は十分です。まったくストレスを感じません。Youtubeなどの動画視聴をしても読み込みで止まることもありません。利用場所や時間帯で変わるので個人差はあると思いますが、通信が遅くて使い物にならないなんてことはいまのところないです。

圏外になるならハイスピードプラスエリアモードに切り替えれば済みますし。

常時接続でバッテリーは何時間くらいもつのか

これはどんなつなぎ方をするのかによって違うと思うのですが、公表値はWifi接続時のハイパフォーマンスモード(省電力モードで3種類から選べる)で8.1時間です。

どうなんでしょうね。常時接続しつづけることがあまり無いので、ここは何とも言えません。

会社で仕事をしていたり、学校の授業中などは常時接続しておく必要もないでしょうし。使わないときは休止状態にしておくともっと長い時間使えるので朝から外出しても1日は充電がもつ印象です。

もしバッテリー持ちが不安なら予備バッテリーを別で買っておくのもいいかもしれません。

wx04はバッテリー交換もらくらく

このページの先頭へ